月刊あんかけマップ

エリア別インデックス

« 楽楽 | トップページ | パスタロッサ »

2009年12月10日 (木)

増刊 熱々!鉄板あんかけスパ

スパゲッティを鉄板に乗せる。この行為は名古屋の喫茶店から始まりました。ナポリタンをステーキ皿に盛り、その縁に溶き卵を流し込んだこのメニューはイタリアンと表記されることが多く、略してイタスパとも呼ばれます。発祥は東区葵三丁目のユキという喫茶店で、スパゲッティが冷めないようにするために考案されたといいます。今では名古屋のみならず東海地方の喫茶店でおなじみのメニューとなっていますね。

Ankake20091210_ref01
(参考)イタリアン@ユキ 650円

同じ名古屋めし、同じスパゲッティであるあんかけスパが鉄板に乗ってしまうのも必然のことだったのでしょう。鉄板あんかけスパを提供しているお店は決して多いわけではありませんが、いくつかのお店ではこの熱々のメニューを堪能することができます。今回はいろいろなスタイルがある鉄板あんかけスパを見ていきましょう。

パスタ・デ・ココでは午後3時から全てのメニューを100円増で鉄板スパにできます。ランチタイムもハンバーグや赤ウインナーなど5種類のメニューに限り可能。ソースは写真では少なく見えますが、中の麺にもしっかり絡められています。

Ankake20091210_01
ミラカン(鉄板)@パスタ・デ・ココ 950円

あんかけ堂でも全てのメニューを100円増で鉄板スパにできます。こちらは午後5時から。卵とソースが吹きこぼれそうなくらいぐつぐつになって運ばれてきます。相変わらず具材が多くて嬉しい。

Ankake20091210_02
ミラカン(鉄板)@あんかけ堂 1050円

チェスティーノでは大半のメニューが鉄板あんかけスパです。写真はエビフライ、カニコロ、ウインナーが乗ったコンビ。なお、お店を紹介したときに掲載したカンツリーなどお皿のメニューも50円増で鉄板にすることができます。

Ankake20091210_03
コンビ@チェスティーノ 950円

全てのメニューでお皿か鉄板かを選べるシェフですが、鉄板がデフォルトと言っていいくらいの人気です。同じメニューなら鉄板が50円増。写真はエビフライとウインナーが乗った1番人気のデラックスシェフ。シェフにはイタスパもありこちらも人気があります。

Ankake20091210_04
デラックスシェフ(鉄板)@シェフ 950円

最後は変り種、ナポリの野菜ソテーです。ナポリではいくつものメニューがある中、なぜかこれだけが鉄板あんかけスパとなっているのです。卵こそ敷かれていませんが、野菜がたっぷりで小エビもぷりぷり。

Ankake20091210_05
野菜ソテー@ナポリ 800円

熱々のあんかけスパに卵を絡めて食べる。とにかく食べたことのない人にはぜひ味わって欲しい絶妙のハーモニーです。お口の中に幸せが広がるようだと言っても過言ではありません。全体的に値段が高めですが、本来はユキのイタスパを見ても分かるように喫茶店の手頃な軽食メニュー。あんかけスパのお店でももうちょっと安価だとさらに嬉しいですね。

« 楽楽 | トップページ | パスタロッサ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162934/46981777

この記事へのトラックバック一覧です: 増刊 熱々!鉄板あんかけスパ:

« 楽楽 | トップページ | パスタロッサ »

おうちであんかけスパ

ブログ内検索

無料ブログはココログ