月刊あんかけマップ

エリア別インデックス

2010年12月10日 (金)

増刊 あんかけスパ meets 台湾ラーメン

名古屋を代表するラーメンである台湾ラーメン。唐辛子とニンニクがたっぷりの激辛ラーメンで、炒めたひき肉、ニラ、モヤシなどが主な具材です。言わずと知れた今池の台湾料理店、味仙が発祥で当地台湾には存在しないという、いかにも名古屋めしらしい逸話を持つ食べ物です。元祖、味仙の台湾ラーメンの特徴は台湾料理らしい小ぶりな丼、そして容赦ない激烈な辛さ。他のお店で見られるような大きく輪切りにした唐辛子であればある程度除けて食べることもできますが、細かく刻まれた味仙ではそれは不可能。目をぱちくりさせ、むせて咳き込み、滝のように汗を流しながらいただくしかありません(笑)。

Ankake20101210_ref01
(参考)台湾ラーメン@味仙 630円

きしめん、味噌煮込みうどんと合わせ名古屋四大麺類と呼ばれるあんかけスパと台湾ラーメンですが、なんとあんかけスパには台湾ラーメンの具材をトッピングしたとんでもないコラボレーションメニューが存在します。今回は「出会ってしまった二つの名古屋めし」台湾ラーメン風のあんかけスパを紹介していきましょう。

台湾あんかけスパの代表格といえばあんかけ家のホットめん。ひき肉、モヤシ、ニラに唐辛子、豆板醤という標準的な具材です。ほどよい辛さで美味しく仕上げられ、人気メニューの地位を確立しています。

Ankake20101210_01
ホットめん@あんかけ家 700円

そ~れの台湾あんかけスパはスタミナといいます。タマネギやほうれん草など多めの野菜が嬉しい。しっかり効いたニンニクもいいです。

Ankake20101210_02
スタミナ@そ~れ 950円

ユウゼンの激辛スパは唐辛子たっぷりのひき肉がちょこんと固められて乗っています。確かに辛いですが、激辛というほどではなく美味しく食べられます。お店の壁には「超激から味をご希望のお客様申し出てください」との表示が。激から香辛料が用意されているそうです。

Ankake20101210_03
激辛スパ@ユウゼン 820円

台湾スパとズバリのネーミングはサクラです。トッピングは標準的ですが、モヤシとニラが多くしゃきしゃきとしてなかなかの仕上がり。

Ankake20101210_04
台湾スパ@サクラ 800円

でんじろうの激辛スパは1辛~5辛まで辛さが選べます。しかし1辛でもめちゃくちゃな辛さ。特製の激辛のたれがかかっており、むせ返りそうになるほどです。間違いなく今回紹介している中では最高の辛さ。でんじろうらしく刻みゆで卵がこのスパにも乗っておりわずかに辛さを和らげてはくれますが、焼け石に水かも。

Ankake20101210_05
激辛スパ@でんじろう 980円

一口に台湾ラーメン風のあんかけスパといってもいろいろなスタイルがありますね。どのお店にあるわけでもなく異色のメニューといえる部類ですが、あんかけソースのスパイシーな辛さと唐辛子や豆板醤の辛さのコンビネーションはちょっと癖になるものがあります。定期的に食べたくなってしまう蠱惑的なあんかけスパです。

2010年6月30日 (水)

増刊 チャオに見るあんかけスパのコモンメニュー

あんかけスパにはスペシャルやバイキングなどお店を越えて共通するメニューがあるのはこれまでにも紹介したとおり。多くは由来が不明でそれがまたあんかけスパの魅力でもあります。今回はこのあんかけスパのコモンメニューをチャオで学びます。チャオでこれまでに紹介したのはミラカン、バイキング、スペシャル。これ以外のメニューを見ていくことにしましょう。

まずはカントリー。要するに野菜炒めのトッピングです。オニオン、ピーマンは必須で、お店によってマッシュルーム、コーン、トマトなどが加わります。チャオのカントリーはタケノコが入っているのが特徴的。チャオでは小エビが加わるとアメリカン、イカが加わるとシシリアンになるなどあんかけスパのベース的なメニューでもあります。

Ankake20100630_01
カントリー 740円

ミラネーズは、ウインナー、ベーコン、ハムをミックスしたあんかけスパの定番。このミラネーズとカントリーをミックスしたメニューが言わずと知れたミラカンです。ミラネーズにはマッシュルームが加わることが多いですが、オニオンやピーマンなどの野菜が加わったミラカン的なミラネーズを提供しているお店も少なくありません。ウインナーはチープな赤ウインナーを使うのがあんかけスパらしいとされています。ちなみにミラネーズとはミラノ風の意。正確にはミラネーゼが正しく、そーれなどはこの名前でやっていますね。「そうだぜ」と「そうだず」ぐらいの差があるとこのページでは指摘してますが(笑)。いずれにしてもミラノとの関係は不明です(笑)。

Ankake20100630_02
ミラネーズ 790円

コルシカンは小エビとアサリの黄金焼きですが、このメニュー名はチャオ独特のもので、ナポリタン、またはナポリという名で提供されていることが多いメニューです。お店によってはカキの黄金焼きになるところも。いずれにしてもナポリやコルシカ島との関係は不明です(笑)。

Ankake20100630_03
コルシカン 790円

ピカタは豚肉の黄金焼き。珍しくそのものずばりのネーミングです。実はあんかけスパの隠れたナンバーワン定番メニューで、このピカタがないお店はほとんど見かけません。カントリーがないお店でも、ミラネーズがないお店でもこのピカタは大体あったりするのです。ただし、あんかけスパのピカタはオムレツか卵焼きというべきもので、本来のピカタとはちょっと違うものですね。

Ankake20100630_04
ピカタ 790円

ミートボールが実はハンバーグのトッピングというのはぱっそのときにも紹介したとおり。ただ、やはりミートボールというだけあって小ぶりなハンバーグがいくつか乗っているのが普通です。手作りの味自慢ハンバーグを用意しているお店が多く、お店の特色が出るメニューでもあります。通常は目玉焼きが添えられます。

Ankake20100630_05
ミートボール 840円

ポパイがほうれん草というのも無理のないネーミングです。ベーコンやウインナーが合わせてあることが多いですが、チャオの場合はシメジとコーンも加わります。ポパイに目玉焼きを絡めたメニューをオリーブとして提供しているお店もありますね。ブルートまであるとちょっと行きすぎかなという気もしますが(笑)。

Ankake20100630_06
ポパイ 790円

いやしかし、どのトッピングもあんかけスパによく合いますね。さすが定番メニューだけあります。チャオでの写真はこれまで大須店のものを掲載していましたが、閉店してしまったので(すいぶん前にですが…)、今回は栄町ビル店から。チャオは昨年11月に30周年を迎え、Webサイトも開設されました。これからも万人向けの安心できるあんかけスパを提供し続けてほしいと思います。

2009年12月10日 (木)

増刊 熱々!鉄板あんかけスパ

スパゲッティを鉄板に乗せる。この行為は名古屋の喫茶店から始まりました。ナポリタンをステーキ皿に盛り、その縁に溶き卵を流し込んだこのメニューはイタリアンと表記されることが多く、略してイタスパとも呼ばれます。発祥は東区葵三丁目のユキという喫茶店で、スパゲッティが冷めないようにするために考案されたといいます。今では名古屋のみならず東海地方の喫茶店でおなじみのメニューとなっていますね。

Ankake20091210_ref01
(参考)イタリアン@ユキ 650円

同じ名古屋めし、同じスパゲッティであるあんかけスパが鉄板に乗ってしまうのも必然のことだったのでしょう。鉄板あんかけスパを提供しているお店は決して多いわけではありませんが、いくつかのお店ではこの熱々のメニューを堪能することができます。今回はいろいろなスタイルがある鉄板あんかけスパを見ていきましょう。

パスタ・デ・ココでは午後3時から全てのメニューを100円増で鉄板スパにできます。ランチタイムもハンバーグや赤ウインナーなど5種類のメニューに限り可能。ソースは写真では少なく見えますが、中の麺にもしっかり絡められています。

Ankake20091210_01
ミラカン(鉄板)@パスタ・デ・ココ 950円

あんかけ堂でも全てのメニューを100円増で鉄板スパにできます。こちらは午後5時から。卵とソースが吹きこぼれそうなくらいぐつぐつになって運ばれてきます。相変わらず具材が多くて嬉しい。

Ankake20091210_02
ミラカン(鉄板)@あんかけ堂 1050円

チェスティーノでは大半のメニューが鉄板あんかけスパです。写真はエビフライ、カニコロ、ウインナーが乗ったコンビ。なお、お店を紹介したときに掲載したカンツリーなどお皿のメニューも50円増で鉄板にすることができます。

Ankake20091210_03
コンビ@チェスティーノ 950円

全てのメニューでお皿か鉄板かを選べるシェフですが、鉄板がデフォルトと言っていいくらいの人気です。同じメニューなら鉄板が50円増。写真はエビフライとウインナーが乗った1番人気のデラックスシェフ。シェフにはイタスパもありこちらも人気があります。

Ankake20091210_04
デラックスシェフ(鉄板)@シェフ 950円

最後は変り種、ナポリの野菜ソテーです。ナポリではいくつものメニューがある中、なぜかこれだけが鉄板あんかけスパとなっているのです。卵こそ敷かれていませんが、野菜がたっぷりで小エビもぷりぷり。

Ankake20091210_05
野菜ソテー@ナポリ 800円

熱々のあんかけスパに卵を絡めて食べる。とにかく食べたことのない人にはぜひ味わって欲しい絶妙のハーモニーです。お口の中に幸せが広がるようだと言っても過言ではありません。全体的に値段が高めですが、本来はユキのイタスパを見ても分かるように喫茶店の手頃な軽食メニュー。あんかけスパのお店でももうちょっと安価だとさらに嬉しいですね。

2009年6月30日 (火)

増刊 続・満腹!コンビプレート

一皿にスパゲッティ、ライス、サラダが乗ったコンビプレート。2007年12月の増刊で特集しましたが、今回は第2弾をお届けします。前回は東新町や丸の内といった都心のお店のコンビプレートを紹介しましたが、今回は郊外型のお店を見ていきましょう。

グッデイ!のBラン。以前は確かに「Bランチ」だったはずですが、いつの間にか短く略されました(笑)。スパゲッティ、ライス、サラダにエビフライ、コロッケ、ハンバーグが添えられる嬉しいランチです。ライスとスパそれぞれまたは両方の大盛りに加え、スパのみというオプションもあります。

Ankake20090630_01
Bラン@グッデイ! 800円

タツミのランチは3品のフライが乗ります。写真はコロッケ、ちくわ天、イカカツですが、メニューには「フライ(3品)」とあるだけなので日によって替わるのかもしれません。ちくわとイカはあんかけスパのトッピングとしては非常に珍しい。

Ankake20090630_02
ランチ@タツミ 750円

オーニヨンのワンプレートランチは目玉焼きとハンバーグ。サラダは普通のスパを頼んだときと同じものがお皿に乗ってきます。スパの具は日替わりで写真はほうれん草。コーヒーか紅茶のドリンク付にするとちょうど1000円。優雅なランチとなります。

Ankake20090630_03
ワンプレートランチ@オーニヨン 900円

名東区のお店が続きましたが最後は中川区の岩月。デラックススパにはピカタと唐揚げが乗り、サラダは別皿になっています。ピカタのボリュームがすごい。岩月では普通のスパを食べるとサービス券を1枚貰えるのですが、これを12枚集めるとこのデラックススパを頂くことができます。

Ankake20090630_04
デラックススパ@岩月 1050円

郊外型のお店でもコンビプレートは人気のようです。ここで紹介した他にも、サラダは別皿でスパとライスが一皿に盛り付けられたレンガ亭の日替わりランチ(780円)、ライスが別のプレートになるイタリーの16種類のランチメニュー(700円~)などがあります。

2008年12月10日 (水)

増刊 冬はやっぱりカキフライ

冬の味覚といえば何と言ってもカキ。この季節になるとあんかけスパのお店ではカキフライがメニューに現れます。揚げ物をラインアップしていない一部のお店を除けば、ほとんどのお店で味わえるのではないでしょうか。サクサクのカキフライにはタルタルソースもいいですが、あんかけソースとの相性も絶妙です。今回はそんなカキフライスパを食べ歩いてみました。

まずはヨコイ。以前、バイキングあれこれで紹介したとおり、ヨコイでは冬場にバイキングの魚フライがカキフライに替わります。脇を固めるのはもちろん目玉焼きとウインナー。

Ankake20081210_01
バイキング@ヨコイ 850円

あんかけ家のカキフライは刻みゆで卵。この組み合わせのお店が一番多いと思われ、そーれDONDONあんもこのパターンです。

Ankake20081210_02
カキフライ@あんかけ家 900円

ユウゼンには刻みゆで卵のカキフライスパと、目玉焼きとウインナーのカキバイキング(790円)の2種類のカキフライメニューがあります。他にカキの黄金焼きが乗ったカキピカタ(850円)もあり、いろいろな食べ方ができます。

Ankake20081210_03
カキフライスパ@ユウゼン 850円

刻みゆで卵の代わり(?)にコーンがトッピングしてあるのはあんかけ堂のカキフライ。このパターンのお店は少数ですが、コーンもけっこういけます。

Ankake20081210_04
カキフライ@あんかけ堂 900円

ナポリはカキフライのみ。ちょっと寂しい感は否めないところです。レッチェも同様。

Ankake20081210_05
かきスパ@ナポリ 850円

最後はレンガ亭。カキフライ3つが行儀よく並べられ、刻みゆで卵に刻みのりがかかります。海の恵み、という感じですね。

Ankake20081210_06
牡蠣フライ@レンガ亭 950円

値段はどのお店も大体800円~900円くらいになっています。カキフライは5つくらい乗っているとやっぱり嬉しいですね。ユウゼンなど早いお店では10月中旬からメニューに並ぶカキフライですが、冬はこれからが本番。カキは寒さが厳しくなるにつれ、身が大きくなり、味も濃厚になっていきます。今シーズンも美味しいカキフライをたっぷり楽しみたいところです。

2008年6月30日 (月)

増刊 ヨコイのディナーメニュー

お昼の食べ物という印象が強いあんかけスパ。「サラリーマンのパワーフード」という異名もその一面を的確に表しています。一方、お昼時には行列をつくるようなお店でも、夜は悠々と食事を楽しめたりします。あんかけスパの老舗ヨコイでは、夜になると通常のメニューに加え、「ヨコイのディナー お薦めメニュー」が登場します。今回は、ヨコイが夜のみのメニューとして取り揃えているあんかけスパを紹介していきましょう。

まずはえび玉。小海老のピカタとメニューにはありますが、かなり大振りなぷりぷりのシュリンプ。しかもたっぷりとあってなかなか食べ応えがあります。

Ankake20080630_01
えび玉 1000円

こちらはジョイア。イカゲソ、ベーコン、インゲンというあんかけスパとしてはかなり珍しいトッピングです。ゲソもぷりぷりで美味しい。

Ankake20080630_02
ジョイア 1200円

ハンバーグのチーズ卵包みが乗っているのはハンブルグ。かなり大き目のハンバーグが3つ。お腹一杯になります。

Ankake20080630_03
ハンブルグ 1200円

きのこの山。エリンギ、しいたけ、しめじがたっぷり。エリンギが多いのが個人的に嬉しい。

Ankake20080630_04
きのこの山 1200円

最後はマンマ。なすとベーコンのトッピングです。メニューの写真とずいぶん盛り付け方が違うような(笑)。

Ankake20080630_05
マンマ 1200円

ディナーメニューということで、全体的にちょっとお高めですね。かつてはカトゥールフィッシュというスパもあったようで、メニューにその痕跡があります。ディナーメニューではサラダも変わります。通常のポテトとコールスローの小さなサラダではなく、レタスベースのサラダになります。そういえば、スパのお皿も違いますね。ビールとおつまみ1品が付いて600円のセット、ジェントルマンも魅力的なオプションです。

2007年12月10日 (月)

増刊 満腹!コンビプレート

スパゲッティにライスという組み合わせには眉をひそめる向きも多いとは思いますが、そこは「サラリーマンのパワーフード」の異名を持つあんかけスパ。グリコーゲン・ローディング(?)ながっつり系メニューもよく食べられています。今回は、一皿にスパゲッティ、ライス、サラダが乗ったコンビプレートを見ていきましょう。

こちらはそーれのそーれランチ。ウインナーと刻みゆで卵のベーシックなスパとライス、サラダのセットです。ランチタイムは50円引の700円、ということで終日OKの「ランチ」のようです。ライスがカレーライスになったコンビランチ(800円)もあり。

Ankake20071210_01
そーれランチ@そーれ 700円(ランチタイム)

スパゲッティ、ライス、サラダに加えたっぷりとおかずが乗るのがユウゼンのBランチ。エビフライにソーセージ、焼肉と盛りだくさんです。店頭のサンプルには「ユウゼンのエース」と書いてあります。こちらも終日OK。なぜBなのかはよく分かりませんが、別に日替わりランチがあるからでしょうか。

Ankake20071210_02
Bランチ@ユウゼン 790円

横長の四角いプレートはサヴァランの盛り合わせ。スパの上にどかんと乗っているのは厚手のピカタ、さらにメンチカツと目玉焼き、ピカタの下にはソーセージも隠れているというとんでもないボリュームを誇ります。ライスのみ、スパのみ、ライス&スパというオプションがあります。写真はもちろんライス&スパのCタイプ。

Ankake20071210_03
盛り合わせCタイプ@サヴァラン 850円

東新町のお店が続きましたが最後は丸の内のぱっそ。AからDまで4種類のランチプレートが人気メニューです。写真はエビフライとカニコロッケのAランチ。BからDはそれぞれ魚フライ、厚切りハムカツ、カキフライとなります。終日OKですが、午後5時以降は100円増になってしまいます。

Ankake20071210_04
Aランチ@ぱっそ 700円

いや、どれも満腹になりました。やはりサラリーマンの街、東新町や丸の内に集中しましたね。スパとライスだけが一皿に乗ってサラダは別ということになると、ヨコイのコンビ(800円)など、さらにいくつかのお店で食べることができます。

2007年6月29日 (金)

増刊 バイキングあれこれ

チャオの回にも登場したあんかけスパの定番メニュー、バイキング。好みの料理を自由に取り分けて食べられるバイキング・スタイルがメニュー名の由来と思われ、通常は白身魚フライ、ウインナー、目玉焼きという誰もが好きなおかず3種がトッピングされています。独自のトッピングのバイキングを提供しているお店でも、揚げ物に卵というスタイルは共通。そんな各店のいろいろなバイキングを見ていきましょう。

まずは標準的なバイキングから。こちらはヨコイのバイキング。ただし、ヨコイでは冬場は魚フライがカキフライに替わります。

Ankake20070629_01
バイキング@ヨコイ 850円

からめ亭のバイキング。白身魚フライがカットされています。

Ankake20070629_02
バイキング@からめ亭 925円

ユウゼンのバイキングはこちら。今回紹介するバイキングの中では最もお値打ちです。

Ankake20070629_03
バイキング@ユウゼン 690円

ここからは各店独自のバイキングを。そーれではエビフライとカキフライが乗ってきます。

Ankake20070629_04
バイキング@そーれ 950円

ナポリのバイキングは、アサリの黄金焼きとエビフライ。目玉焼きじゃないバイキングは珍しい。1100円とかなり高級です。

Ankake20070629_05
バイキング@ナポリ 1100円

ルパシカのバイキングは4種のフライを楽しめるお得なメニュー。まさにバイキングという感じですね。

Ankake20070629_06
バイキング@ルパシカ 850円

バイキングというメニューのないお店も実はけっこうあります。この場合、2つのケースに分けることができます。1つは、魚フライなどのメニュー名でよく似たメニューを提供しているお店。あんかけ家DON DONあんなどが該当し、一緒にトッピングされてくるのは目玉焼きではなく刻みゆで卵になり、コロッケやトンカツなど他にもいろいろな揚げ物メニューが用意されていることが多いようです。いま1つは、そもそも揚げ物をメニューとして設定していないお店です。トッポパスタリ庵などが該当しますね。

2006年12月 8日 (金)

増刊 最安価メニュー大研究

大研究などという大げさなものではありませんが、ここでは、財布にやさしいあんかけスパ愛好家の強い味方、各店の最安価メニューを見ていきましょう。

メニュー名など、お店を越えて共通する独特の様式美(?)があるあんかけスパゲッティ。最安価メニューといえばウインナーと刻みゆで卵が定番です。何が特別なのかはよく分かりませんが、メニュー名はスペシャルであることが多いようです。ヨコイでのメニュー名はスペッシャルとなっています。

Ankake20061208_01
スペッシャル@ヨコイ 600円

そーれでは店名が最安価メニューの名前になっています。ランチタイムは50円増で1.5倍になるのは以前にも紹介したとおり。からめ亭でも旧店名のソールをメニュー名としています。

Ankake20061208_02
そーれ@そーれ 550円

ナポリでも同様にウインナーと刻みゆで卵ですが、メニュー名はイタリアンとしています。余談ですが、名古屋ではナポリタンスパゲッティのこともイタリアンと言ったりしますね。鉄板の上に溶き卵が敷いてあるアレです。

Ankake20061208_03
イタリアン@ナポリ 600円

ウインナーを周囲に配しているのが特徴的なあんかけ家のスペシャル。450円と激安です。粉チーズ(のみ)がかかった同価格のイタリアンもメニューに載っていますが、植田店ではやっていません。

Ankake20061208_04
スペシャル@あんかけ家 450円

スペシャルとは別に、ウインナーすら省いた刻みゆで卵のみのトッピングを設定しているのはトッポ。スペシャルより安いこのメニューをイタリアンとしているお店も少なくありません。

Ankake20061208_05
イタリアン@トッポ 550円

チャオのスペシャルはウインナーとコーンのトッピング。こちらもウインナーを周囲に配するスタイル。コーンが卵の代わり?

Ankake20061208_06
スペシャル@チャオ 580円

パスタ・デ・ココはベーコンエッグが最安価メニュー。カントリー相当の野菜も同価格です。2005年9月のメニュー改定前はスクランブルエッグ(500円)が最安価メニューでした。

Ankake20061208_07
ベーコンエッグ@パスタ・デ・ココ 550円

ウインナーと刻みゆで卵というシンプルなトッピングは、あんかけスパというB級グルメによく合います。あんかけスパはこれでなければ、というファンも多いのではないでしょうか。わずかな違いですが、やっぱり卵だけではちょっと物足りない気もしますもんね。

2006年6月30日 (金)

増刊 パスタ・デ・ココにミラカン登場

パスタ・デ・ココに新メニューが登場しました。といっても、4月からと、ずいぶん経ってはいるのですが。

あんかけスパゲッティの定番中の定番メニュー、ミラカンがついに登場です。パスタ・デ・ココではソーセージベーコンがミラカンに相当するメニューでしたが、こちらはちゃんと赤ウインナーのミラカンです。650円のソーセージベーコンより100円も高いのがよく分からないところではありますが。しかし、東京にも展開しているパスタ・デ・ココ、ミラネーズもカントリーもメニューにないのにミラカンとは、やってくれます。

Ankake20060630_01
ミラカン 750円

こちらは山盛りソーセージ。これまでなかったミラネーズ相当というところでしょうか。メニューにはソーセージ5本分とうたわれています。

Ankake20060630_02
山盛りソーセージ 750円

よくばり野菜は、キャベツが中心。なかなか美味しく仕上げられていると思います。

Ankake20060630_03
よくばり野菜 700円

たっぷりほうれん草。今回はこの手のコンセプトとネーミングで攻めてきていますね。こちらも100gのほうれん草をウリにしています。

Ankake20060630_04
たっぷりほうれん草 750円

今回はこの他に肉味噌とニラもやしをトッピングした辛口スタミナを加えて5つの新メニューが登場しています。

また、お皿が変わっています。あんかけスパでよく使われる縁が細くなっているお皿になり、ロゴマークが入りました。

おうちであんかけスパ

ブログ内検索

無料ブログはココログ